忍者ブログ
  • 2018.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/12 04:12 】 |
君に繋ぐ(事の無い)物語
だいぶ前に渡されたバトンを今更やってみるテスト。
しかも長い長い放置の末に。

これが「ひ」魔人クォリティ。


PR
【2009/04/28 15:56 】 | 閑話休題 | 有り難いご意見(2) | トラックバック(0)
どっき☆どき 初体験

生まれ出でて二十×年。
この歳にしてやってしまいましたよ初体験


正直あんまり興味は無かったんだけど、
一人だと気恥ずかしいからつきあって欲しいと
友達につきあう形でご入店。

まず最初に料金ごとのコースを指定。
しばらく待ったあと、
お店のお姉さんに連れられて奥の個室へ。

個室とはいっても、簡易的なもので壁は薄い。
隣の人の息遣いや、堪えきれなくなったのか、
たまに漏れ出す嬌声なども聞こえてくる。

見ず知らずの
名前も知らない女性の前で正直抵抗はあったが、
自らの○○○を曝け出す
年甲斐もなく緊張気味だったのか、
「リラックスしてくださいね」とくすりと笑われてしまった。

お姉さんに促されるままに○○○をつきつけると、
まずは温かいおしぼりで綺麗に拭いてくれる。
いくらそういうお店とはいえ、
普段は他人に触れられる事のないような場所
他人に拭いてもらうというのも気恥ずかしい反面、
なかなか気持ちがいいものかもしれない。

一通りの準備が整うと、
「痛かったら遠慮せずに言ってくださいね」と告げ、
手にローションをたらして○○○になすりつけ、
最初は丁寧に、だんだんと力強く握ってくれる
手でされるのは初めてじゃないけれど、
流石はプロ。未だ見ぬ快感が体を巡る。

正直こういう店を舐めていたが、
なかなかどうして、悪くないかもしれない。
一度通うと、癖になってしまうという人もいるが、
気持ちが少しわかったかもしれない。

【2008/06/01 16:25 】 | 閑話休題 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
もふもふ

なんていうかあれです。



モッフルが食べたくて仕方ない罠



わりとまだマイナー感漂う「モッフル」。
簡単に言うと、ワッフル用のプレートで餅を焼いたもの。
かくいう工藤も存在を知ったのは割と最近のこと。

工藤の現在の仕事先は、暇になると割と頻繁に雑談が行われる。
ふとしたきっかけで話題に上ったのが「ブルーギルもっふるたん」。
なんでもブルーギルのフライをモッフルでサンドした、
アキバ発のヒット商品だとか。
(詳しくはリンク先参照)


社内の人間は皆、「ブルーギルもっふるたん」はおろか
そもそもモッフル自体食べたことが無い。
どんな味なのだろうかという話題で軽く盛り上がった結果、
社員のおばちゃお姉さまの一人が専用メーカーを購入すると宣言。

後日、そのお姉さまがメーカーを持参して出社。
近所のコンビニで切り餅を買ってきて、
休憩時間にみんなで食べてみることになりますた。

【2008/05/26 15:20 】 | 閑話休題 | 有り難いご意見(4) | トラックバック(0)
| ホーム |

忍者ブログ [PR]